Microsoft、12インチの『Surface Pro 3』を発表

日本時間5月21日0時から開催されたSurfaceプレスイベントにおいて、Microsoftが『Surface Pro 3』を発表しました。

以前から噂されていた『Surface mini』はどうやらただの噂だったようで、『Surface Pro 3』は12インチの大画面を持つタブレット・ノート兼用端末という位置づけの模様。
Core i7搭載可、解像度2160×1440、厚さ9.1mm、重量800gとなっています。

今回大画面Surfaceを投入した理由としては、iPadを持っている人も仕事用にノートPCも持ち歩いている、というニーズをもとに、「ノートPCのかわりとして仕事用に使えるWindowsタブレットの本命」という位置づけのような感じでしょうか。

確かに、仕事用で使うWindowsマシンとしては10インチ以下だと厳しいものがありますし、解像度が高くなっても文字が小さすぎてエクセル等が使いにくい等の不満点がありました。
ユーザーのニーズとしてはBESTなのかもしれません。
個人的にはminiへの期待も大きかったので少し残念です

発売日は米国で明日(5月21日)からで、価格は下記の通り。

Core i3 / ROM64GB / RAM4GB799ドル
Core i5 / ROM128GB / RAM4GB999ドル
Core i5 / ROM256GB / RAM8GB1,299ドル
Core i7 / ROM256GB / RAM8GB1,549ドル
Core i7 / ROM256GB / RAM8GB1,949ドル