まさかの『通話定額 月額159円』プランでMNPしたお話と運用方法などまとめ

公開日: : Android, MVNO, 通信関連

ドコモの2年割賦がそろそろ終わるので機種変のための新機種情報をかき集めていたところに入ってきたまさかのこの情報。

 

『特価blog919!!』さんとこの投稿

■カケホーダイが月たったの159円■SHARPのAndroidガラケーを契約してきた(`・ω・´)b #501SH #MNP

garaknorikaewari

簡単に書くと…

・ソフトバンクのガラケーにMNPすると通話定額1479円/月

・月月割が5月中旬から660円→1320円に増額中!

という事で、1479円-1320円=159円/月というミラクルな料金設定に。 ※3年間有効の3年契約です

3年間通話定額のプランが159円で使えるとかもっと騒がれてもいいネタだと思います。

(実際ネットの一部から騒がれ始めています)

 

事の発端はというと、総務省の指示のもと『端末価格 MNP一括0円』が新機種でほとんど見かけなくなってきた今日このごろ。

ソフトバンクは水面下でひっそりと5月中旬頃から月月割のサポート額を倍増するという施策をはじめていたようです。

これはショップの担当者にも知らされずに倍増されているようで、ソフトバンクの月月割の額はころころ変わるらしいので

 

「いつまでこの価格が続くかはわからない」と言う事です。

 

カメラのキタムラさんが「5月末まで受付」ということで告知してた店がありましたが、電話で問い合わせたところ「今回の月月割の倍増額が今月で終わるかどうかはわからない」という旨の返答が返ってきました。

私はあと2ヶ月分の割賦を華麗に無視して急遽この契約に飛びついてしまいました(笑)

ちなみによく見てみると『ガラケーのりかえ割」は「他社ガラケー」→「ソフトバンクの3Gケータイ」でという事のようですが、他社スマホ→ソフトバンク4Gガラケーでも大丈夫でしたね…店(担当者)によっては厳格なとこもあるのかも…?

 

端末代は?どこで契約できるの?

さてこのネタですが、大々的に宣伝してるのは『カメラのキタムラ』さんです。

公式の店舗ブログやTwitterなんかで宣伝してますが、もう端末の在庫が無い店も多いみたいで…。

端末代金は初回一括9800円とかがほとんどみたいです。

 

ネットでは『おとくケータイ.net』さんがキタムラを引き合いに出して問い合わせると対応してくれるという情報が流れています。

こちらでは端末価格はMNP初回一括7000円台とかだそうです。

 

ちなみに私は『コジマ』でカメラのキタムラ価格にあわせていただいて契約してきました。

電話なんかで問い合わせている人もいるみたいですが、そもそも店舗の担当者も知らないので「うちではやってません」と言われる事が多いようです。

おそらくですが、どこの店舗で契約しても機種ごとに設定されている月月割の額は一緒だと思います。

コジマでは担当者が「ちょっと調べてきます」と戻ってきた時にはやはり倍増額になっている事が確認できたという事でした。

専用端末でのシミュレーションなので交渉とかそゆのではなく万人共通の月月割の額だと思われます。

 

後は端末価格ですが、通常価格だと2~3万くらいの表示だと思われます。

ここは家電量販店の実力発揮で他店対抗していただいて、実店舗を構えているキタムラの価格(MNP初回一括9800円)を引き合いに出して頑張ってもらいましょう。

 

という事で、近くにキタムラも無く、ネットショップに交渉もなかなか…という方は近隣の家電量販店にでも行って調べてみてもらってみましょう!

 

月月割が倍増されている機種は?

501sh

501kc

今のところ「AQUOSケータイ 501SH」と「DIGNOケータイ 501KC」が該当機種であるとわかっています。

両方共Androidベースのいわゆる「ガラホ」です。

スペック的には似たような感じですが、501KCは4GLTEが使えいわゆる「VoLTE」に対応しており、防水・防塵です。

提供されるSIMカードは両機種とも同じものだとコジマの担当者さんがおっしゃってました。

VoLTEは使えれば通話はクリアみたいですが相手もソフトバンクのVoLTE対応機種でないとという制限付きです。

まあガラケーに特にこだわりがなければ在庫のある機種とカラーで選んじゃってもいいんじゃないかと思います。

私は501KCのカッパー…は在庫が無かったのでブラックにしました。

 

159円で運用するための料金プランは?注意点は?

ずばり「定額通話プランのみ」の契約をしましょう。

「S!ベーシック」なんかも外しちゃいます。

よって通話はできますが通信は一切できません。

変に「S!ベーシック」とか付けちゃうとベースがAndroidですしどこでどういう通信が発生してパケ死してしまう危険性もあります。

「通話専用端末」としての2台持ちが一般的な使用方法と言えるでしょう。

 

料金プランはざっくりと下記の感じです。

MNPガラケーのりかえ割 月額料金(税込)

通話し放題プラン 1,479円

S!ベーシックパック無し 0円

データ定額パック無し 0円

月月割 -1320円

合計 159円

 

そして注意点ですが、ガラケーのりかえ割は3年契約で、3年間のみの有効価格となっております。

月月割の-1320円も3年間のみ適用という事ですので、3年が経つ頃にまた色々と考える必要があります。

3年以内に解約するときの契約解除料は10260円です。

端末代は一括で支払っているので割賦のように残債を支払わなければいけないということもありません。

 

データ通信はどうするの?

スマホにMVNOの格安SIMを刺して2台持ちで運用するのが一般的です。

スマホは家に転がっているものでも、好きなSIMフリー端末を購入しても構いません。

 

ドコモのスマホならドコモ系のMVNO SIM(ほとんどがそうですが)ならどこでも使えます。

auのスマホならau系のMVNO SIM(あまりないですが)なら使えます。

ソフトバンクのスマホなら…Y!モバイルあたりのSIMなら使えるのかな?

SIMフリーのスマホなら機種によってはどこのMVNO SIMも使えますが対応する周波数(特にau系)には要注意です。

 

MVNOのいわゆる格安SIMは各社色々なプランで出ていますがまあお好きなところを選びましょう。

データ容量の少ないものだと500円程度から、2GBとかですと1000円程度とかであります。

ちなみに私はここ最近「OCNモバイルONE」を解約して「イオンモバイル」を契約してきました。

 

ガラケーの着信をスマホ側で受ける方法など

とかいっても2台持ちとか不便そうじゃない?という方。

おそらく”一般的な”ほとんどの方はガラケーにMNPした電話番号がメインの電話番号だと思われます。

「ケータイはポケット派!」(私のような)の人はまさかガラケーとスマホと両方ポケットにいれておくわけにもいきません。

 

そこで、ガラケーにかかってきた電話をスマホで受信できるようにする方法があります!

 

まずはスマホの方に電話番号が必要になります。

050Plus等のIP電話を契約するか、MVNOの音声通話対応SIMを使いましょう。

ちなみに私はイオンモバイルの音声通話対応SIMを使用しています。

 

マイソフトバンクにログインして、

「サービス・端末設定」にある「留守番電話・転送電話の設定」をクリック。

「指定の電話番号に転送」にチェックを入れて、スマホ側の電話番号を入力します。

「呼び出し時間」を「呼び出しなし」にしているとガラケーが鳴ることなくスマホ側で着信すると思われます。

これでOKです!

 

転送電話は転送元の電話番号に電話料金が発生しますが、転送元のガラケーは「通話定額」ですので追加通話料金は一切かかりません!

これでガラケーを鞄に入れてても、家に置いてても、電源を切っていてもスマホで受けれる方法があります。

ただし、スマホから電話かけると高い通話料金が発生するので、こちらからかける場合にはガラケーを使わないといけません。

ガラケーを家においてきちゃったりした場合には…まあLINEの無料通話あたりで対応しましょ。

 

1台持ちでなんとかならないの?デュアルSIM端末とかはどうなの?

やっぱり2台持ちなんてめんどうだよーなんとかできないのー?というわがままな方は(私を含め)相当にいると思われます。

1つの手段としてSIMカードが2枚刺さるというデュアルSIM端末を使うという手もあります。

通話専用SIMとMVNOのSIMを1台のスマホに刺せる端末があるなんて夢がひろがる…と思われる話しです…が。

今回のように通話SIMとデータSIMで運用などといったガラパゴス的な発想を元にデュアルSIM端末は作られていないので色々と難点があります。

 

■SIMスロットのうち1つは2G(GSM)しか対応していない端末が多い

今は日本では3Gとか4Gが使われており、2Gは既に日本では使われていません。

よってこのような端末は日本ではシングルSIM端末としてしか使えません。

 

■SIMが2枚刺さっても同時待ち受けができない端末がほとんど

まだまだごく一部ですが、両方のSIMスロットが3G・4Gに対応している端末もあります。

…が、これらのほとんどは同時に片方のSIMしか待ち受けできません。

 

ならどう使うのよ!

と思うところですが、ものは使いようです。

先ほどの転送電話設定をした後に、MVNOのSIMをアクティブにしておけば電話の着信は転送されてくるのでちゃんとできます。

こちらから通話する時だけSIMを切り替える必要があります。

ただまあ切り替えには10数秒からの時間がかかるとの事ですので頻繁に電話をかける人は素直に2台持ちの方が良いかもしれません。

頻繁に電話するのであればバッテリー的にもガラケーの方が便利な面もありますしね。

 

■もっといい方法は無いの?

んー。それでもやっぱ面倒ですか?

実はデュアルSIM端末というものはここ最近いろいろ便利に進化していっています。

中では「Dual Standby(同時待受)」だとか「Dual Active(同時通信)」が可能なデュアルSIM端末も噂になってきています。

日本では技適の問題もあるのですが、新しい端末も最近発表されているので要注目ですね!

いいのがあればガラケー売り飛ばして代金の足しにするのもありかもしれません。

Zenfone3

ネットの情報によると数日前に発表されたASUSの『Zenfone3 Deluxe』が「Dual Active」で『Zenfone3 Ultra』は「Dual Standby」らしいです!

もちろん両方のSIMスロットが4G/4G対応です。

Zenfoneシリーズは日本でも販売されている為、新モデルも技適や販売の面でも期待できそうですね!

(日本に入ってくるモデルが劣化してない事を祈るばかりです…)

 

■でもそもそもガラケーのSIMってスマホで使えるの?設定は?

ですよね、思いますよね。

これは私もちょっと色々調べて試してみました。

今回のガラケー『DIGNOケータイ 501KC』に入っているSIMをSIMフリーのXperia Z2に入れてみました。

電波たちました!

で、電話をかけると…ちゃんと着信できましたよ!

 

ちなみに私みたいにちょっとだけかじった知識のある人だと気になるAPNの設定ですが。

そもそもこれは「Access Point Name」というだけあって、通信するときの設定をするものという事で。

何も設定しなくても通話の着信はできました。

WEBではダミーのAPN情報を入れるという情報もありましたが、たしかに機種によっては通信業者を判別して自動でAPNを設定してくれたりするものもあるみたいなのでダミーで存在しないAPNを登録しておく方が心は穏やかにいられそうです。

そもそも「S!ベーシックパック」に未加入なので通信時代が「できない」ようになっているはずなので大丈夫なはずですが…。

このあたりは私もそう詳しくないのであくまで自己責任でお願いします。

何かの手違いがあったときにパケ死して目玉が飛び出るような請求がきたりしないように保険としてダミーのAPN情報を打ち込んでおくのもまあそんな手間でもないし平穏な生活のためにもいいんじゃないかと思います。

 

■結局のところ月々のケータイ代はいくらになったの?

私は家でも職場でもWi-Fiを使っていたのもあってパケットは2GBのプランで事足りてましたのでそのあたりで試算してみます。

なお端末代の割賦とかその他細かい料金は省いているかもしれません(ぉ

ちなみに私はイオンモバイルの音声通話プランを契約してガラケーの着信をスマホに飛ばしてるパターンの人です。

 

ドコモ時代

カケホーダイプラン 2916円

データSパック(2GB) 3780円

spモード 324円

月間合計 7020円(年間合計 84240円)

 

通話専用ガラケー+音声通話対応イオンモバイルSIMスマホ

通話し放題プラン 159円

音声通話2GBプラン 1490円

月間合計 1649円(年間合計 19788円)

月間で5371円、年間で64452円の節約という事になりました!

 

いずれDual StandbyかDual Activeに対応した良さげなデュアルSIM端末が手に入り、

イオンモバイルの音声通話対応プラン(2G)をデータ通信プラン(2G)に変えたとすると…

通話し放題プラン 159円

データ通信(2G)プラン 842円

月間合計 1001円(年間合計12012円)

となり、月間で6019円、年間で72228円の節約という事に!

 

 

いかがでしたでしょうか?

今後はよさげなデュアルSIM端末があればまた取り上げていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 11 follow us in feedly

関連記事

Nexus7(2012)にAndroid4.4.3が降ってきた

ふと気づいたらNexus7(2012)にAndroid4.4.3が降ってきていました。

記事を読む

『Nexus 8』はAndroid4.5+64bitプロセッサーで7月発売との噂

The Next Digitによると、『Nexus 8』はAndroid4.5と64bitプ

記事を読む

6月1日からはじまるドコモの新料金プランの予約契約数が170万件を突破

以前の記事では新料金プランが発表された5日間で60万件を突破したと発表されましたが、提供直前には17

記事を読む

GoogleMap(スマホ版)で経由地の設定できるようになってた!

GoogleMapはよく使うのですが、スマホ版は経由地の選択ができなかったのが何気に不便でもありまし

記事を読む

Moto G4(XT1622)開封の儀!~同時待受検証からプラスエリア化まで

handtecから取り寄せたMotorola Moto G4 (XT1622)が届きましたの

記事を読む

『dマガジン』が結構いいかもしんない

先日のドコモ2014夏モデル発表会の際に新たに発表され、2014年6月以降に開始予定のドコモの電子雑

記事を読む

『DIMPLE』…Androidに物理ボタンを追加するステッカー

【公式サイト】 http://dimple.io/ まだ発表されたばかりで詳細な

記事を読む

XpansysにてZenFone3 Deluxe Dual-SIM(ZS570KL)が72800円で在庫あり!

海外通販で手に入るところはほとんどないだったZenFone3 Deluxe(ZS570KL)

記事を読む

Zenfone3(ZE520K / ZE552KL)が台湾にて発売開始

台湾にてZenfone3の発表会があり、無印(ZE520K / ZE552KL)、Zenfo

記事を読む

Xperia XZで3G/4Gの同時待ち受け(DSDS)が可能と判明!Etorenでも販売開始!

Xperia XZ(F8332)において、3G/4G同時待ち受け(DSDS)が可能な事が判明

記事を読む



  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑