今更ながら『Xperia Z2』をExpansysでポチってしまったので色々レポート&レビュー等

公開日: : Android

14-08-06-clearance-small-jp

前回の記事でも書いたように、EXPANSYSのクリアランスセールで『SONY Xperia Z2』のSIMフリーモデル(16GB,パープル)が40%オフ54,243円で発売されており、思わずポチってしまいました。

ちなみに「在庫がなくなり次第終了」となっていますが、今のところは在庫がなくなってもしばらくすると補充されているようです。

 

Expansysでの注文~到着まで

以前にもExpansysやら1shopmobileやらは利用した事があるのですが、注文から到着までは時間がかかってしまうという感じがありました。
が、今回の注文だと随分と早くなったなと思ったのでとりあえず経過の報告まで。

2014y08m08d_165742325

 

Expansysから届いたメールのTrackingからだとこのように英語での表記です。
が、日本のFedexにログインしてTracking Numberを入力すれば日本語になりました。

2014y08m09d_010325148

8月4日の夜22:07に注文、なんと8月6日の夕方には届く予定となっておりました。
6日の夕方は仕事でしたので、翌7日の午前中に配達予定を変更してもらいました。

国内のAmazonとあんま変わらないですね(笑)

国内に入ってからの通関処理なんかも非常にスムーズに進んでいた感じです。

いざ開封!

DSC_0718

おなじみのExpansys箱。

DSC_0719

Xperia Z2のパープルです。
今回のモデルはD6503でLTEのバンド幅に幅広く対応しています。
ちなみに日本の技適にも通っているので電波法に触れる事なく利用可能です。

DSC_0720

同梱物です。

本体
簡易なマニュアル類
micro USBケーブル
充電用クレードル(アタッチメント付)
ノイズキャンセリングヘッドホン
海外用と思われるACアダプタ(笑)

Expansysの表記だとクレードルは付属してないんじゃないかと思われましたが、あって良かった
ちなみにクレードルはXperia Z2 Tabletのものも使えるのですが、アタッチメントを付け替える必要があるので常用で使いまわすには少し手間です。

本体画像等は既に他にも沢山のレビューがあがっていますのでここでは割愛します。

Xperia Z、Z1、Z2、Z3のスペック比較

Xperia Z3(噂) Xperia Z2 Xperia Z1 Xperia Z
OS 4.4.4 4.4.2 4.2.2 4.2

高さ
厚さ
不明 73.3mm
146.8mm
8.2mm
74.0mm
144.0mm
8.5mm
71.0mm
139.0mm
7.9mm
重量 不明 163g 171g 146g
画面サイズ 5.15inch 5.2inch 5.0inch 5.0inch
解像度 1920×1080 1920×1080 1920×1080 1920×1080
RAM 3GB 3GB 2GB 2GB
ROM 32GB 16GB 16GB 16GB
CPU Snapdragon801
2.4GHz(Quad)
Snapdragon801
2.3GHz(Quad)
Snapdragon800
2.2GHz(Quad)
SnapdragonS4
1.5GHz(Quad)
バッテリー 不明 3200mAh 3000mAh 2330mAh
リアカメラ
インカメラ
2070万画素
210万画素
2070万画素
220万画素
2070万画素
220万画素
1310万画素
220万画素
防塵
防水
不明 IPX5/IPX8
IP5X
IPX5/IPX8
IP5X
IPX5/IPX7
IP5X

上記のように、8月だか9月に発表される予定の『Xperia Z3』は『Z2』とあまりスペック上での違いは無いと言われています。
64ビット対応CPUと『Android L』はZ3には間に合わず、Z4あたりが次の本命というところでしょうか。
どうせ発売された直後は10万前後とお高いのでしょうし、ここは安くなってきたZ2をと思い今回ポチった次第でございます。

今までの愛機は『Xperia Z(無印)』ですが、流石にここから比べると『Xperia Z2』の進化具合はたいしたものです。

ベンチマークまわしてみた

Screenshot_2014-08-09-00-45-56Screenshot_2014-08-09-00-46-02

とりあえずは『Antutu』

Android4.4.2での『Xperia Z2』でのベンチは「33481」でした。

『Xperia Z』でのAntutuベンチのスコアは手元の写真では「21002」となっておりました。
Antutu自体のバージョンが違うのがどう関係してくるのかは知りませんが、結構なパフォーマンスアップで満足です

Screenshot_2014-08-09-00-48-17

参考程度にですが『Quadrant Standard』では「18666」でした。

国内モデルとグローバルモデルとの違い

auのはよくわからないのでドコモ版との違いなどを綴ってみます。

プランの注意点

グローバルモデルでもAPNを設定してあげればドコモのSIMでもソフトバンクのSIMでも使えます。
ただしドコモの場合、spモードのAPNを設定しても使うことはできません。
こういったSIMフリー機でドコモSIMを使う場合は、オプションで「mopera」を契約し、moperaのAPNの設定を入力する必要があります。

機能面

赤外線、ワンセグ、おサイフケータイの機能はありません。
また、32GBモデルが無く、16GBモデルのみとなります。
Androidのシステムアップデートはグローバルモデルの方が提供が早いので最新のOSを使いたい時には便利です。
あとは『設定』の部分が少し違っていたりしますが、気にはならない程度です。

アプリについて

ドコモ謹製のアプリ群が入っていない為、不要な消せないアプリが沢山ある…という事はありません。
dメニューやらdマガジン等といった自分が使うものはPlayストアから導入可能です。
キャリアメールも最初からありませんので使っている人は注意かな?
ラジオなんかは『Raziko』等を使えば聴くことができます。
あと、SONYの『レコプラ』がインストールできませんでした。
他にも国内モデルのみインストールが許可されているアプリ等もあったりするのかも?

保証について

キャリアから購入したわけではないので当然ですが、ケータイ保証等に加入できませんので注意です。
Sony Store等でも対応してもらえないようです。

その他

あと、前面に『docomo Xi』だとかの表記が無くシンプルに『SONY』だけなので素敵です(笑)
ちなみに裏面も国内モデルは『XPERIA』ですが、グローバルモデルは『SONY』です。

 

2日間使用してみてのインプレッションなど

主に『Xperia Z』と比較してのインプレッションになります。

液晶について

まず思ったのは「液晶が綺麗!」と言うこと。
解像度自体は変わっていませんが、液晶がIPSになったりとか、バックライトが変更されたりとかの部分が大きいのでしょうか。

視野角も『Z』では少し下からみたりすると色が白っぽくなったりする部分もありましたが、『Z2』では角度を変えて見ても非常に綺麗に見えます。

また、詳しくは比較しておりませんが屋外での視認性も高くなっているように思えました。

スピーカーについて

『Z2』ではステレオスピーカーが採用されています。

仕事で車に乗っている時に、スマホで音楽を鳴らす事が多いのですが、『Z2』のステレオスピーカーから出る音はもう別次元なほどに良い音に聴こえます。
また、音量についてもステレオスピーカーと相まって結構大音量まで出すことが出来ます。

が、着信音なんかは片方のスピーカーからしか音は出ていないようです。

ノイズキャンセリングヘッドホンにも対応しており、対応するヘッドホンも付属されています。
これについてはまだ未使用なのでわかりませんが、ネットでの評判をみる限りではなかなか良いみたいです。

ハイレゾ音源にも対応してるようですが、それに対応する機器も「耳」も持ちあわせておりませんので…お察しください。

バッテリーについて

『Z』の2330mAhに比べて、『Z2』では3200mAhと大幅に増えています。
『Z』はなんかしら使っているとすぐにバッテリーが減っていく感じがありましたが、『Z2』では目に見えて減りが遅いと感じられます。
これに関してはバッテリーの交換が出来ない『Z』では大きな不満点だったのでかなり嬉しいです

 

と、今回はここまで。
次回はケースやら充電器まわりについて少し書きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 11 follow us in feedly

関連記事

【速報】SONYがフラッグシップモデル「Xperia XZ」とコンパクトモデル「Xperia X Compact」を発表!

現在開催されているIFA2016にて、ソニーモバイルがフラッグシップモデル「Xper

記事を読む

Expansysで「Xperia XZs Dual(G8232)」が販売開始!

EcpansysにてXperia XZsの販売が開始されました。 Sony Xperi

記事を読む

ASUS、日本でZenFone3シリーズを正式発表!無印5.2inch、Deluxe、Deluxeという名の無印5.5inchモデルの3種

ASUSが日本でZenvolutionイベントを開催し、ZenFone3シリーズやZenBo

記事を読む

『Motorola Moto G4』はmicro SDとDual SIM同時利用可能なお手頃3G/4G同時待受端末

Motorola製の『Moto G4』のDual SIM版が3G/4G同時待ち受け可能とネットで囁か

記事を読む

格安MVNO「OCNモバイルONE」を更にお得に使う方法2つ

格安MVNOが巷を騒がせはじめておりますが、「OCNモバイルONE」もそのうちの1つ。 各社非常に

記事を読む

Google『Chromecast』開封の儀 ~ ファーストインプレッション・便利そうな使い方まで

全開の記事でもお伝えしたGoogleの『Chromecast』ですが、早速コジマで購入してき

記事を読む

『dマガジン』が結構いいかもしんない

先日のドコモ2014夏モデル発表会の際に新たに発表され、2014年6月以降に開始予定のドコモの電子雑

記事を読む

ZTE AXON7が3G/4Gの同時待ち受け可能端末という噂!ハイスペックでBandも技適も万全!?

ZTEから発売される「AXON 7」が3G/4GのDSDS(同時待ち受け可能)端末であるとい

記事を読む

Xiaomi、画面占有率91.3%のハイエンドスマホ『Mi MIX』を発表

Xiaomiが2016年10月25日なんとほぼ全面が画面のような『Mi MIX』を発表しまし

記事を読む

まさかの『通話定額 月額159円』プランでMNPしたお話と運用方法などまとめ

ドコモの2年割賦がそろそろ終わるので機種変のための新機種情報をかき集めていたところに入ってきたまさか

記事を読む



「Zenfone5(ZE620KL)」開封の儀!

「町のお店」に本日入荷した「Zenfone5(ZE620KL)

久々の更新…

なんだかこのタイトルにデジャヴを感じないでもないですが(汗) ち

「Xperia XZ Premium Dual(G8142)」用にAmazonで激安ケースを買ってみたのでレビュー

今回購入したものはこのケースです。 Amazonで1,000

「Xperia XZ Premium Dual(G8142)」Expansysからの発送~開封の儀!

Expansysから「Xperia XZ Premium Dual(G

Expansysにて「Xperia XZ Premium Dual(G8142)」が入荷&発送開始!

Expansysに注文していた「Xperia XZ Premi

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑