ドコモの『Xperia Z2 Tablet』を格安で手に入れる方法!

公開日: : Android

さて、Google I/Oで新型タブレットが発表されなかったので、ではではどのタブレットを買うべきか?等と色々と検討しておりました。

mv_02

そこで目に止まったのが『Xperia Z2 Tablet』です。
『dマガジン』や録画放送をタブレットで観る事が多くなってきた最近としてはNexus7(2012)では少し物足りなくなってきておりました。(7インチは7インチで有用な場面は多いのですが。)

10インチクラスでタブレットを…と考えていると候補にあがるのは『Xperia Z2 Tablet』か『Galaxy Tab S』でしょうか。
かつてGalaxy S2、Galaxy Noteと使ってきた私も今はすっかり国産SONY派なワケでそうなると選択肢は1つ。

そこで候補にあがるのが国内版と国際版。
国際版はExpansysあたりで購入する事ができます。
国内版はドコモ版とau版がありますが、私は現在ドコモユーザーなので国内版ならドコモを選びます。

 

結論だけ先に書いておくと、私は実質28,080円でドコモ版『Xperia Z2 Tablet』を入手する事ができました!

 

それでは長い前置きにお付き合い下さい…。
付き合いきれない方はページ後方までワープをどうぞ(笑)

 

国際版?それとも国内版?

まず、国際版を購入するとすれば、Expansysでの価格は↓のような感じです。

2014y06m28d_012220175

6/28現在で、

・Wi-Fi(16GB)モデル 50,050円
・Wi-Fi(32GB)モデル 59,270円
・SIMフリー(16GB)モデル 63,225円

です。
狙っているのはSIMフリーモデルなんですが、国内版をキャリア契約すると2年間の通信料込で10万くらいになるわけで。
これはありえない価格です。では、国内版との機能の差は何なのか?

・フルセグ、ワンセグ機能がない
・故障した場合の補償が面倒
・DTCP未対応で対応機器から無線視聴・おでかけ転送ができない(回避方法有り)
・SIMフリーモデルが16GBしかない

つまりTVを観るだけのために差額3万超はどうかと?
でもROMが16GBしかないのはmicroSDカードを使えるとしてもちょっと面倒な部分も。
(dマガジンの雑誌データがおそらく本体にしか記録できない…)

 

 

ひらめいた!

…と言うわけで悶々としながら比較してる記事などを渡り歩いていたのですが。
そこで出会ったのがドコモ版『Xperia Z2 Tablet』の記事の一文。

 

 

「ドコモ版の『Xperia Z2 Tablet』はVoLTEにも対応していて通話も可能である。」

 

 

ここでふと気になったのです。

 

 

「VoLTE対応って事は通常プランで契約できるって事だろうし、スマホをこれに機種変できたりせんかね?(笑)」

 

 

お店へGO!

…そしてちょうどドコモ版が発売されたばかりですし、近所の家電量販店で実機を触ってみようかと思い立ったわけです。

DSC_0622

ありましたありました。
機種変だと月々割引くと実質28,080円になるわけです。
この時はまだ「まー無理だろーけどw」と思っておりました。

 

ホットモックを触って『なんじゃこりゃ、軽すぎてコワイ!』とか思っているところに店員さんがインカミング。

そこで店員さんとやり取り。

 

私「Xperia Z2 Tabletって通話対応してるみたいですし、スマホからコレに機種変できたりしませんかね?」

店員「…ちょっと聞いてきます。」

店員「私が思うには一度スマホをデータプランにしてもらって、それからこれに機種変という事ならできそうですが…。」

私「え、でもコレVoLTE対応ってなってましたから通常プランの契約のままでいけないですか?」

店員「え、VoLTE対応なんですか!?それなら…ちょっと調べてきます。」

店員「いけるみたいですね!?なんかすごいですね(笑)」

私「…ということはこの機種変価格で買えるという事ですよね?」

店員「はい、そうなりますね!」

私「…いっときますか(笑)」

 

 

…というワケで、見事実質28,080円でドコモ版の『Xperia Z2 Tablet』をゲットする事に成功しました

 

ドコモ版はDTCPにも対応していますし、フルセグ・ワンセグも観れて、ドコモSIMが使えて、さらにROMも32GBあります!
ドコモSIMが使えるというワケですから、当然多々あるMVNOの格安SIMも使えます。

 

当然ながら、機種変はしましたが、今まで使っていたスマホに現行SIMはさしたままです。
そしてXperia Z2 TabletはWi-Fiで使う事もできるわけですが、私は月額900円ほどの「OCNモバイルONE」を持っていますのでこちらのSIMで運用という感じです

まあ、今のスマホがまた2年間縛りを受けてしまいますが、性能がきつくなってきたらSIMフリースマホでもまた買うでしょう、きっと。

 

ついでといってはなんですが、指定有料オプション3つ加入(即解約可)で、頭金の3240円が割引に、5つ加入すると更に2000円のポイントがもらえるというので加入したわけですが。
オプション適用の設定時に店員さんが初期パスワードのままだと勘違いして連続認証エラー&認証ロックがかかるというハプニングが発生。
結局何もオプションに加入しなくても頭金3240円+ポイント2000円をいただいてしまいました

 

いじってみた

 

少し設定して遊んでますがとりあえず、

Nasneに録画・保存した番組・動画も、Nasneのライブチューナーを利用して放送中のBS・CSなんかもも、快適に観れちゃいます。

dマガジンも、Nexus7(2012)やXperiaZでは潰れて拡大しないと読めなかった文字も10インチ&高解像度もともなってページ全体表示のままでも快適に読めちゃいます。

 

まだ上記2つしか試せてない感じですが、Xperia Z2 Tabletは現在最強タブレットであることは間違いないと思います。

まず手に持った時の軽さがヤバイです。
iPadで一番軽い『iPad Air』より50g軽く、手に持った時の実感は50g以上のものがあります。
Nexus7の方が実際は軽いのですが、持った感覚だとXperia Z2 Tabletの方が軽いんじゃね?と錯覚してしまうくらい。

あとはこのヌルサク具合が申し分無いです。
Nexus7(2012)でたまに感じていたひっかかりとかが一切なく、あらゆる挙動がスムーズに感じます。

あと、ちょくちょくいじっていてもバッテリーがほとんど減っていきません。

とりあえず今日はこの辺にしておきますが、少し使い込んだ頃にまたレビューしてみたいと思います。

ドコモの方でタブレットが欲しい方は、ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 10 follow us in feedly

関連記事

EtorenでGoogle Pixel 32GBが93,556円で販売開始!

EtorenにてGoogleの独自スマホである『Google Pixel』の32GBモデルが入荷、販

記事を読む

ZTE AXON7が3G/4Gの同時待ち受け可能端末という噂!ハイスペックでBandも技適も万全!?

ZTEから発売される「AXON 7」が3G/4GのDSDS(同時待ち受け可能)端末であるとい

記事を読む

Expansysにて「Xperia XZ Premium Dual(G8142)」が入荷&発送開始!

Expansysに注文していた「Xperia XZ Premium Dual(G8142)」

記事を読む

Sony Mobileから国内版『Xperia Z2 Tablet(Wi-Fi)』の予約受付開始

世間はauの夏モデル発表で盛り上がってますが、発表された中でもあったSony Mobileのハイエン

記事を読む

6月1日からはじまるドコモ新料金プランの予約契約数が50万件を突破

6月1日からはじまるドコモの新料金プランの予約契約数が、5月15日から5日間で50万件を突破したとの

記事を読む

3G/4G同時待ち受け可能なSIMフリー端末は?

現在販売されているデュアルSIM端末は多々ありますが、その多くは日本では「同時待ち受け」としてまとも

記事を読む

『COMPUTEX TAIPEI 2014』で気になったAndroid関連ニュース

本日より『CONPUTEX TAIPEI 2014』が開催され、様々な新商品が発表されています。

記事を読む

Expansysのクリアランスセールで『Xperia Z2』が数量限定40%オフ!

EXPANSYSの在庫限定クリアランスセールで、『SONY Xperia Z2』のSIMフリ

記事を読む

ドコモ2014夏モデルの7インチAndroidタブレット『AQUOS PAD SH-06F』と『Nexus7(2013)』を比較してみた

ドコモの2014夏モデルで発表されたSHARPの『AQUOS PAD SH-06F』がちょっ

記事を読む

ASUS Japan、「ZenFone3 Deluxe(ZS570KL)」が予想以上の注文数のため受注を停止

ASUS Japanが先日発表した(本物のほうの)「ZenFone3 Deluxe(ZS57

記事を読む



  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑