新型モデルが発表された『Chromebook』では一体何が出来るのか?

公開日: : 最終更新日:2014/05/09 Chromebook

約3万円前後という魅力的な価格もあり米国を中心にシェアを大幅に拡大しつつある『Chromebook』。
その新型モデルの発表会があり、各社ともにIntelのBayTrail等をはじめとした最新プロセッサーを搭載した魅力的な商品を次々と発表しました。
(発表されたモデル等については詳しくレビューされているサイトが沢山あるのでモノコレでは割愛します。)

今回発表されたモデルの特徴はというと、
・Intelの新型チップセット「BayTrail」搭載モデル有り
・バッテリーが11時間持つものもある
・ファンレスモデルである
・WiFiが802.11ac対応となった
・価格が3万円前後と安い
・ノートPCモデルと液晶一体型デスクトップPCモデルがある
・ASUS、Acer、Lenovo等の海外メーカーだけでなく東芝からも発売予定

まあ、こういった感じでしょうか。

『Chromebook』といえば、(私を含め)日本ではまだ聞き馴染みのない人も多いと思いますので、一体何が出来るのかを調べてみました。

 

■出来る事■

・基本はWEBブラウザ専用のPCである。
・WEBブラウザ上で動くアプリを使い色々な事ができる。
・WEBブラウザだけ動作すればいいので低スペック機でも大丈夫。
・起動が早い
・バッテリーの消耗が少ない
・OSライセンスが無料なので低価格で発売できる。
フラッシュが動作するので『艦これ」が出来る。
 ※ここ重要な方も多いのではないでしょうか?
・データは基本的にクラウド保存。(オフラインにも対応するが機能は制限される)
・デスクトップあり、マルチウィンドウありでWindowsライクに使用できる。
・ChromeリモートデスクトップでWindowsを操作できる。
・アプリで提供されているゲーム等はできる。
・Google謹製アプリが使用できる。GoogleMapやドキュメント等も。

 

■出来ない事■

・Microsoft Officeは使えない。(Googleドキュメント等で対応)
・Windowsでメジャーなソフトが提供されていない。(iTunes、Photoshop、Skype等)
・PC用周辺機器が使えないものが多数。(ドライバが提供されていないため)
・Windowsを使用する自宅のPC、会社イントラネット等でのファイル共有が出来ない。

 

とまあ、出来なくて不便なところは色々ありそうですが「お、意外と便利やん?」という事でシェアを急速に伸ばしているといった具合です。
とりあえずはChromebookに慣れてイノベーションを共に体験していく楽しみを持ちつつ、セカンドマシンとして購入するのも面白いのではないか、と思います。

個人的には、Wordpressでブログをメンテするのは基本的にWEBブラウザでほとんどの事が出来るのでブログ管理用等にも便利に使えそうで気になってきた感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 11 follow us in feedly

関連記事

Google I/Oで発表されたもの箇条書き

Google I/Oが終わりました。 色々と発表されてお腹いっぱいですが、Nexus9の発

記事を読む



  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑